前へ
次へ

不動産の資産運用を考えましょう

不動産の運用とは、一般的には投資した金額とそれに対する利益の割合を言います。
これには将来の収支がどうなるかの長期の収支計画を立てることが必要です。
アパート経営、土地の貸付、土地の太陽光設備などの有効利用が考えられます。
年間の経費よりも収入が多ければ利益が発生していることになります。
また、単純に収入から経費を差し引くだけでなく、キャッシュフローと言われるお金の流れにも注意する必要があります。
例えば、借入金を返済する場合、お金は出費しますが、経費にはなりません。
また、建物などの減価償却費は経費にはなりますがお金の動きはありません。
計画は専門家に相談する必用があるでしょう。
問題になるのは、賃貸料の設定、空き率の予想、修繕費でしょう。
周辺物件の状況を見ながら、賃貸料を設定します。
空き率には専門的な知識が必要です。
企業などの一括借り上げであれば空き率の問題ありませんが、企業への営業が難しいと言えます。
大規模修繕も難しい計算が必要です。
修繕引き当てをどうするかも重要な収支計画です。
とは言っても、収支計画は景気動向や税制で大きく変わりますので注意が必要です。
また、地域の都市計画なども密接に関係します。
時代によって変わる状況によって経営方針を変える決心が必要です。
これには常に情報を収集するだけでなく、不動産業者や税理士などの専門家の意見を聞くことが重要です。

Page Top